トップイメージ 推奨サイズW800×180px

トピックス


1.レーザー治療よりも安全で新しい
血管内焼灼ラジオ波(高周波)治療機器導入
ラジオ波(高周波)治療のメリット

①日帰り手術が可能で傷跡が殆ど残りません。
②治療時間は従来のレーザーより短時間です。
③レーザーは300度~1000度になるのに対し、高周波は120度と低く侵襲が軽度です。
④レーザー治療と比較して痛みを感じません。
⑤健康保険(生命保険)が適用されます。
ラジオ波装置
エンドヴィーナスクロージャーシステム
<医療機器承認番号22600BZX00026000>Covidien社製

当院は日本脈管学会認定研修関連施設に指定されており
下肢静脈瘤血管内焼灼術の指導医・認定医が施術する実施認定施設です。

脈管認定施設 指導医 実施施設



2.『リンパ浮腫外来』はじめました。
 『リンパ浮腫外来』について
このたび、当院では、リンパ浮腫外来を設置することになりました。
「リンパ浮腫」 は、乳がんや婦人科、泌尿器がん手術後にできる二次性のリンパ浮腫と、 先天的なリンパ管の形成不全、機能不全で生じる一次性のリンパ浮腫があります。 当院では、従来の圧迫療法に加えて、顕微鏡下に行う、 「リンパ管細静脈吻合術」 を施行し、治療します。 難治症例に対しては大網移植術や脂肪切除術を施行します。 随時、インドシアニングリーン注入赤外線検査(ICG-PDE)を行っており、 確実な診断が可能です。

リンパ浮腫
●術後に四肢の浮腫をきたした症例やリンパ浮腫が疑われる症例 
●難治性の浮腫症例(リンパ浮腫が隠れている可能性があります。)
がございましたら、是非ご紹介ください。
・基本診療日:毎週土曜日午前・午後(新患受付:月・土曜日随時)



常勤医:高木正剛
非常勤医
 高木 克典:(静脈淋巴管領域外科・消化器外科・形成外科領域)
 江口 正倫:(循環器内科)
 江口 智早:(女性の外来・循環器内科)
 橋口 慶一:(消化器内科・内視鏡専門医)
 橋口 麻夕子:(腎臓内科)
関連病院・関連施設
 長崎大学病院 心臓血管外科:(江石 清行教授)
        第1外科:(永安 武教授)
        循環器内科:(前村 浩二教授)
 長崎市民病院 心臓血管内科:(中嶋 寛主任部長)
 虹ヶ丘病院 血管外科:(山口 敬史先生・西 克央先生)
 国立長崎病院 内科:(福島弘道副院長)
その他:聖フランシスコ病院・井上病院・聖マリア病院